市川八幡神社クスノキ






・管理者:市川八幡神社
・場所 :千葉県市川市市川 1-19-1
・樹種 :クスノキ
・幹周り:305cm
・樹高 :15.0m

プロフィール

 

市川八幡神社の由来

今から150年前、千葉街道には松の並木がありましたが、徳川家譜代の大名が大名行列に支障をきたすとのことで、松の並木を伐採する話が挙がりました。人々は松を守るため、ひと際立派な3本松に、葛飾八幡宮の分霊を祀るものとして祠を造り、松の並木を守りました。しかし、昭和初期、街道を広げるため松の並木は伐採され、祠は移されること隣、移転先に立地していたクスノキをご親睦として、市川八幡神社が創設されました。よって、市川八幡神社は、江戸時代より市川の自然を大切にしていきたいという、人々の思いのある神社です。

樹の状態と必要な治療

毎年、活き活きと茂りを見せていましたが、昨年から枯れ枝が目立ち、 今年の3月、神社から御神木の診断を依頼され、外観から診断を行いました。その結果、梢や枝先の枯損はかなり多く、樹皮に活力もない事などから、 自然樹形の崩壊が進み、早急に処置が必要であることが明らかとなりました。

①土壌断面の作成
約1メートルの範囲で掘削し、土壌断面を作成します。 ?その後、観察・解説を行います。
②根系調査
クスノキの根がどのように分布しているか、根に沿って部分的に掘削し、根の分布状態を調べます。
③透水試験
透水試験機を用いて、土壌における水の浸透具合を調べます。

樹皮に着生植物有り 石畳による根系の阻害 葉が小型化、さび病の発生

スケジュール

 
2013年7月15日に根系調査を予定しています。 詳しくはこちら>>

協賛企業・協賛者様一覧

 

そのほかたくさんの方々から、クラウドファウンディング・エメラルドを通してご寄附をいただきました。ありがとうございました。



※エメラルドは株式会社オズ・ビジョンが運営していたクラウドファンディングサイトです。現在は運営しておりません。

全国には恵まれない樹木がまだまだ沢山あります!

樹木募金する

皆様の周りに支援が必要な樹木がございましたら、ぜひ教えてください。

支援を要請する